新着情報blog page

東京研修内容(2)新潟編

2009-02-12 (Thu) 09:08
研修2日目は、新潟県の越後湯沢駅(新幹線)構内にある
ぽん酒館を視察しました。
「トンネルを抜けるとそこは雪国でした」の川端康成の小説の一説と同じ状況でまさしくそこは雪国でした

湯沢駅前除雪
駅前の除雪が終わろうとしていました。
初めて除雪風景を実際に見ることが出来ました。

ぽん酒館では、たくさんの試食が待っていました。
ぽん酒館試食
ほとんどの商品が試食できます。ここは、漬物のコーナーで、横には、そば茶の試飲もあり至れり尽くせりです。
試食だけで、満腹になりそうでした。

ぽん酒館コイン
ぽん酒館には、新潟の全ての酒を試飲できるコーナーがあり、この専用コインで好きな酒を飲むことができます。
まずは、有名な八開山からスタッフお勧めや人気ランキング上位の酒などどれを飲もうかほんとに迷います。
しまいには、呑みすぎてどれを呑んでいるのか判らなくなってしまいます。
店内の酒コーナーでも酔っ払いを発見しました。
ぽん酒館酔っ払い
ところどころにおかれているマネキンですが、実は、この下にも面白いマネキンがいました。
是非、確認の為にもぽん酒館にお立ち寄り下さい。

昼食は、ぽん酒館館長桑原様の一押し「おにぎり」をいただきました。
おにぎりと格闘

おにぎりと格闘2
1合のおにぎりと格闘中です。
さらに4合のおにぎりもあるそうですが、さすがの「魚沼産こしひかり」
桑原館長曰く、「いい米は、冷めても旨い」
わざと持ち帰りしていただき米の良さを再確認してもらい納得してもらうのもあるそうです。
自信がないと出来ないです。
しかし、おにぎりがこうも旨いとは・・・。
とても心に残った昼食でした。
ご馳走様でした


Trackback

Trackback URI:
東京研修内容(2)新潟編(新着情報) 五木村商工会
from プラダ メンズ (プラダ メンズ) | 2013-07-13 (Sat) 19:30

Comments

Name: 

URL:

Comment:

Captcha: